Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ボホール島

フィリピン・ボホール島のメリットとデメリット/6年間移住してみての感想

 

ボホール島のトライシクル

 

私がフィリピンのボホール島に教育移住したのは今から約6年前で子供達が1歳の時です。

その頃は今よりもさらに田舎っぽい町で、車も今ほど多くなくて新車の数も少なくほとんどの車が中古の日本車で新車に乗ってるのは、わりとお金持ちかな?という感じでしたね。

今は日本よりもオンボロの中古車が少なくなってる感じさえします。

とにかくローンが一般人も簡単に使えるようになったので皆、新車を買っている感じで、フィリピン人の性格の見栄っ張りっていうのもあり、とにかく大きい車種が人気です。

まあそれでも所詮はフィリピンの田舎町ですので、発展したと言ってもしれてはいます。

私達が移住してきてからの変化としまして、新しい家やビル、ホテルが次々と出来ているのと新車の数が一気に増えた事が主な変化として感じます。

そこで6年間ボホール島に住んでみた私が、ボホール島のメリットとデメリットをあげてみますね。

まずはメリットから

1)フィリピンの田舎ではあるけれど子供達の英語教育に関しては十分なレベルであり教育費が安くつく。

2)子供に優しい‼️

3)フィリピンの都市部と比べて比較的、家賃が安い。

4)一応ショッピングモールがあるので、それ程不便ではない。

5)トライシクルやジプニーがある。

私の中ではトライシクルやジプニーって凄く大事な条件になっています。

なぜなら車を所有していないので、トライシクルやジプニーの通ってない地域に住む事は考えられません。

マニラやセブ島だと都市部にはトライシクルは走っていません。

ジプニーとタクシーになります。

トライシクルがどれほど便利かっていうと家の前まで乗れて、しかも安い!

これって私にとっては大事な事なんです!

フィリピンのボホール島まで来て、固定費が高いって全く意味がなくなるのと同じなので。

 

 

次にデメリットをあげてみます。

1)時間にルーズである!

2)お金がある人にたかる。

3)見栄っ張り(ローンで車も家も買っているので首がまわらない)

4)いいかげん(家庭教師でも自分優先で休むんでから言い訳する)など。

5)日本人の普通の感覚ではあり得ないくらいトイレが汚い所が多い。(モールやホテルは綺麗が学校のトイレは正直行きたくない)

6)虫が多過ぎる。(蚊、ハエ、ゴキブリ、ヤモリ)

 

ちょっとデメリットがフィリピン人の性格みたいな感じになってしまうのですが、こんな感じなので、お金に関してはシビアに接するようにしないと大変な目にあう事になりますね。

時間に関しては、フィリピンもそうですが大体日本以外の国に時間の正確さを期待しない方がいいですね。

ヨーロッパ、アメリカ、アジア数十カ国行ってみてそう思います。

フィリピン人の悪い所を多く書いてしまってはいますが、私は子供に優しいフィリピンの性格は大好きです‼️

赤ちゃんや子供が大きな声で泣いていても嫌な顔する人なんていないっていう事にどれほど救われたことか。

ホテルやレストランでさえもですよ!子供に優しい!

そんな感じなので子育て中のママにこそフィリピンボホール島をおすすめしたいです。

またボホール島について、メリット、デメリット思い出したら付け加えたいと思います。





ABOUT ME
mimisuke
2011年生まれの双子が1歳の時にフィリピンのボホール島に教育移住しました。主にフィリピンのボホール島についてや英語教育、格安教育移住、格安母子留学などについての情報を発信していきたいと思います。