Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
教育

幼少期/早期の英語教育について考えてみませんか。

この商品は現在取り扱いされていません

 2020年から小学3、4年生から「外国語活動」小学5、6年生から「英語が教科化」が開始されます。

このブログを読んでくださってる方は、きっと子供さんの英語教育について色々考えて、これからどのように子供達に英語を習得させようかサーチされてるママやパパが多いのは?と感じます。

中にはすでに英会話教室や英語塾に通わせている方もいらっしゃることでしょう。

色んな意見があるので迷ってしまう。

そうだと思います。

少なくとも子供が小さいうちは、親の方針で教育を受ける事が通常です。

日本における英語教育について言われてる事で、大まかに下記の事はよく耳にしますね。
母国以上に思考は発達しない。
外国語は母国語を混乱させる。

この手の意見を目にするたびに私は疑問を感じていたし、信憑性の有無を証明するのは多分正確には出来ないでしょう。

専門家の意見だと言われても、対象としての子供の状況や環境によっても違ってくるでしょうし、根拠でさえかなり曖昧な感じがします。

100パーセント正しいかなんて本当は誰にもわからないでしょう。
英語学習を始める年齢は早ければ早い方がいい。

この意見も耳にする事と思います。

どちらが正しいとかではなく、どちらを選択するかになりますね。

英語教育に限らず正しいか、どうかではなく幼少期では最終的な選択は親が下すことになりますね。

つまり、あなたの判断決断で、あなたの子供たちの幼少期の英語教育が決定するという事です。

何事にも長所短所はあるので、このブログを読んで何かしら感じたり考えて行動に移されたり、再確認されたりするのも一つです。

このブログは私自身が子供の英語教育と将来を考えて、経済的な事も踏まえた上で実行しているボホール島における母子留学での日々の様子や考えた事を主に書いて行きます。

教育移住、早期/幼児英語教育、などに興味があるけれど予算の関係で躊躇している、或は将来の為に予算に余裕を持ちたいので幼少期の教育予算は、なるべく抑えたい方の参考になれば幸いです。





ABOUT ME
mimisuke
2011年生まれの双子が1歳の時にフィリピンのボホール島に教育移住しました。主にフィリピンのボホール島についてや英語教育、格安教育移住、格安母子留学などについての情報を発信していきたいと思います。