Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
教育

フィリピン/ボホール島で幼稚園や小学校、中学校等に通った場合の一日のスケジュールを紹介します。

フィリピン/ボホール島で幼稚園や小学校、中学校に通った場合の1日のスケジュールを紹介します。

日本人その他の外国人はプライベートスクール(私立)に通うことになると思います。

何故ならば、パブリックスクール(公立)の授業はフィリピン語や現地語で行われる為、外国人が通ってるというのは私は聞いたことがありません。

片親がフィリピン人の場合は、通うこともあると思いますが。

プライベートスクールの月曜日から金曜日は、日本と違って朝は大体7時半に授業が始まります。
その前に毎日朝礼があるので7時過ぎくらいには学校に到着するように家を出ることになります。

家が遠い場合、毎朝大変です!

フィリピンのプライベートスクールは小学6年生までは親かガーディアンが学校まで送り迎えが普通です。
お昼休みは大体1時間半くらいあり、皆自由に過ごします。

学校内の食堂で食べてもいいですし、外で外食でも家に帰って食べてもOKです。

我が家は、お昼休みは迎えに行って家でランチを食べて、その後は自由行動、1時過ぎに再び学校に送ります。

夕方は4時半頃迎えに行きます。
我が子の通ってるプライベートスクールは土曜日に有料のスペシャルクラスを受講する事が出来ます。

我が子が1年生の時に受講した科目はフィリピン語、数学です。

今年も数学のスペシャルクラスを申し込みしました。

数学のスペシャルクラスの中には、学年で数人のみ選ばれて参加出来る授業があり、その中で優秀な生徒は国際数学コンクールに参加して銀メダルを取った生徒もいます。

国際数学コンクールに参加した生徒はシンガポールや中国まで行ったようです。

もちろん全て英語での出題になるので、なかなか日本人にはハードルが高いのではないでしょうか。

スペシャルクラスは一科目、3時間~3時間半位あり、課目によって午前中か午後からというスケジュールでした。

月曜日~金曜日は、朝7時過ぎ~4時半、5時まで。

お昼休みは1時間半~2時間。

土曜日はスペシャルクラスの時間。

いずれも保護者の送迎が必要です。

追記 我が子の幼稚園の場合は、午前中のみor午後のみ約3時間から3時間半、nursery、kinder、pureppu、学年によって午前か午後に分けられていました。

幼稚園によって時間帯は違う可能性はありますので、各幼稚園に問い合わせて下さい。

ABOUT ME
mimisuke
2011年生まれの双子が1歳の時にフィリピンのボホール島に教育移住しました。主にフィリピンのボホール島についてや英語教育、格安教育移住、格安母子留学などについての情報を発信していきたいと思います。