Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ボホール島

フィリピン/ボホールの病院情報。

教育移住、母子留学など考えるにあったって心配な事の1つが医療についてではないでしょうか。

私達が教育移住してから何度もお世話になった病院を紹介します。

1つ目はRamiro hospital 。

場所はフェリー乗り場からBQモールに向かって行く道の右手側でBQモールに歩いて行ける距離にあります。

こちらの病院には、もう何度お世話になったことでしょう。

長男の、おデコが割れて全身麻酔で縫いました。

長男が腕を骨折した時。

長男が顔面からコケて顎を縫って破傷風の注射をしました。

次男の成長痛の時、心配になって行きました。

次男が中耳炎になった時。

高熱が2日以上続く時、行きました。

思い出すとキリがないくらいお世話になりました。

基本的に救急以外は日本で治療した方が良いかと思います。

私達は、どうしてもって時には、こちらの病院の救急外来を利用しています。

救急なのでドクターがいない時があります。

そんな時はこちら〜。

ファミリーホスピタルはBQモールの裏の斜め前にあります。

フィリピンの病院は、治療費等の他にドクターフィーが、かかります。

ドクターフィーはドクターによって値段が全く変わってきます。

今までで1番高かったのは、長男のおデコが割れた時の手術で、25000ペソ位です。(5万ちょっと)

よっぽどでない限りは、大体500ペソから1000ペソくらいプラス薬代。

全て日本の保険でカバー出来ました。

なので、我が家はそんなに神経質には考えなくても大丈夫かな。

しかしながら、病弱だとか怪我しやすい持病がある場合には、

各自で保険などの対策は十分に検討してから渡航した方が賢明なのではと思います。

また歯医者の情報も近いうちに書きたいと思います。

ABOUT ME
mimisuke
2011年生まれの双子が1歳の時にフィリピンのボホール島に教育移住しました。主にフィリピンのボホール島についてや英語教育、格安教育移住、格安母子留学などについての情報を発信していきたいと思います。