Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ボホール島

フィリピン・ボホール島の電気、ガス、水について。

ボホール島のインフラについて6年間住んでみて感想や情報です。
ガス ですがプロパンガスが一般的です。

最初に購入する時にタンク代として料金をプラスされた金額を支払います。

レギュラーサイズで現在800ペソ代プラス配達料金。

レギュラーサイズで配達料込みで約2000円程ですね。

タンク代の金額は、6年も前の事なので忘れてしまいましたがタンクを返却すれば料金は返金してくれるとの事でした。

我が家の場合は、圧力鍋を使用しているのもあると思いますが約3カ月間はもちますね。

1ヶ月に1000円もかかっていません。
電気 は日本と料金は同じ位と考えてよいと思います。

なぜならば為替レートの影響も考慮して平均すれば現在では同じくらいかなと。

あと停電はしょっちゅうします!

実は昨日も息子達が試験勉強している最中に停電しました。

1時間くらいですかね。

停電時には水道も使えません。

実は、こちらの方が辛かったりしますね。
水道 はボホール島はとても安いと思います。

というか日本の水道料金高すぎませんか?

日本に帰国している時にビックリしますよ。

シャワー好きな時に浴びて、洗濯機毎日使って先月の水道代200ペソちょっとでした。

500円いかないんですよ!

飲料水は別にタンクを購入していますが、これも20〜30ペソが普通です。

1カ月5タンク購入して100〜150ペソ(250〜350円くらい)ですし水は安いです。

以上がインフラ関係の情報です。

何か他に情報がありましたら追加させていただきます。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({

google_ad_client: “ca-pub-8867623296283044”,

enable_page_level_ads: true

});

ABOUT ME
mimisuke
2011年生まれの双子が1歳の時にフィリピンのボホール島に教育移住しました。主にフィリピンのボホール島についてや英語教育、格安教育移住、格安母子留学などについての情報を発信していきたいと思います。